スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
もしこの記事から「気づき」を得られたら、
ランクアップへの応援お願いします!
↓ ↓ ↓
過去最高38位!≫ ブログランキング(資格・スキルアップ)
過去最高1位!≫ にほんブログ村(ビジネススキル)

怒りをコントロールする

仕事をしていて、とてもイライラしてしまうことがあると思います。

・上司が理不尽な要求をしてきたとき
・部下が自分の思った通りの資料を作ってこないとき
・得意先が自分の有利な条件ばかり突きつけてくるとき
・お客様が無謀な値引要求をしてきたとき


仕事だけではなく、普段の生活においてもイライラしてしまうことが結構多いと思います。今日はそんな怒りをコントロールする本をご紹介します。



アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技



■人はなぜ怒るのか?

アンガーマネジメントによると人は次のような順序で怒りを感じます。

人の怒りフロー


コアビリーフとは自分自身が普段信じているもの、判断の基準にしているものを指します。何か行動をするときは、このコアビリーフを基準にして考え判断します。

人は何らかの出来事や誰かの言動に遭遇すると、自分が持っているコアビリーフを基準にしてその出来事を解釈しようとします。その結果、自分のコアビリーフに合わない場合、間違っていると思ったり、納得がいかなかったりします。

自分のコアビリーフに合わない出来事が、何らかのトリガーを経るとそれは怒りに変わります。例えば「馬鹿にされている」「なめられている」「感謝されていない」「容姿の事をいわれた」などといったものです。解釈のずれがトリガーに抵触するとそれが怒りになるという仕組みです。


■怒ると損する

一瞬の感情で出た怒りのせいで、これまで築き上げてきた信頼や友好な関係が一瞬で崩れ去ることもあります。某有名企業が不祥事を起こした日、社長が「私は寝ていないんだ!」と発言したのをきっかけにブランドが一気に崩れ去った例があります。

やはり、怒りはコントロールできなければいけないようです。


本書では、この怒りをコントロールするためのテクニックが書かれています。

・そもそも怒らないようにするためのテクニック
・怒ってしまったときに自分自身を抑えるテクニック


このあたりがまとめられています。

特にイライラしがちな中間管理職の方にはオススメです。



アンガー・マネジメント―アメリカ・エグゼクティブの間で爆発的に普及! イライラ、ムカムカを一瞬で変える技



P.S.
昨日はiKnowが全くダメでした。
ずっとこんな感じでした。
グレードアップして帰ってくることを祈っています。
iKnowメンテ中

テーマ : 自己啓発
ジャンル : ビジネス

tag : アンガーマネジメント 仕事術 コミュニケーション


最後まで読んでいただきありがとうございます。
もしこの記事から「気づき」を得られたら、
ランクアップへの応援お願いします!
↓ ↓ ↓
過去最高38位!≫ ブログランキング(資格・スキルアップ)
過去最高1位!≫ にほんブログ村(ビジネススキル)

コメント

非公開コメント

プロフィール

Okamura Shuichi

Author:Okamura Shuichi

ご連絡はこちら:
shuichi.okamura@gmail.com
(@を小文字にしてください)

某外資系コンサルティングファームに勤務しています。

主にITプロジェクトのマネジメント業務を通じて仕事や人間関係の難しさ、大切さを勉強しています。

将来はハワイでのんびり暮らしたいと考えている一児の父親です。

どうぞよろしくお願いします。

メールマガジン
smart.fm(無料総合学習サイト)
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
タグクラウド

私のチャレンジブログです!
『自分★ブランディング計画!』へジャンプします
↑ ↑ ↑
私のもう一つのブログです。
このブログともども
応援よろしくお願いします!
(Wordで作りました)
最新記事
人気記事ランキング
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。