スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
もしこの記事から「気づき」を得られたら、
ランクアップへの応援お願いします!
↓ ↓ ↓
過去最高38位!≫ ブログランキング(資格・スキルアップ)
過去最高1位!≫ にほんブログ村(ビジネススキル)

最近心がけていること

私は最近仕事の場において、少しだけ意識的に行っていることがあります。
それはメールを返信する際、文章の中に「ありがとう」を入れるということです。


■メールをくれて「ありがとう」

---
○○さん

お疲れ様です、岡村です。
ご回答頂きありがとうございました。

---

メールを作成する際、相手は自分の目の前にいません。
従って、表情や動作、声の大きさなどノンバーバルな要素を伝えることができません。
文章がそのままダイレクトに相手に伝わることになります。

従って、相手に対して好意的に感じていたとしても、文章表現次第で相手を傷つけてしまうことがあります。表現がストレート過ぎると相手は引いてしまいます。

メールでのコミュニケーションは非常に難しいものです。

私は同じフロアにいる人とコミュニケーションを取りたい場合は、どんなに離れていてもメールではなく直接話をします。そのほうが誤解を生まず楽です。

どうしてもメールでやり取りしないといけない場合、
メールに「ありがとう」という感情を添えることで
相手にプラスの感情をクッションとして与えてあげたいのです。

メールでの「ありがとう」は「私はこのメールであなたに対して敵意はありませんよ」というメッセージを含んでいます。

たとえ反論のメールが来てイライラしていても「ありがとう」です。

---
○○さん

お疲れ様です、岡村です。
貴重なご意見ありがとうございました。

---
ご指摘ありがとうございました。

---
反論した相手も「注意しておいてよかった」「気づいてくれてよかった」という気持ちになるのではないでしょうか。

これらのことは、メールのマナーとして当然のことかもしれません。
メールは感情が文章としてそのまま表現されてしまいますので、
腹が立っていても、納得できなくてもまずは「ありがとう」と言えるようになりたいものです。

tag : 気づき コミュニケーション


最後まで読んでいただきありがとうございます。
もしこの記事から「気づき」を得られたら、
ランクアップへの応援お願いします!
↓ ↓ ↓
過去最高38位!≫ ブログランキング(資格・スキルアップ)
過去最高1位!≫ にほんブログ村(ビジネススキル)

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ありがとう/コミュニケーション/「コミュニケーション」:最新情報

「39サーチ」では、あなたが入力したキーワード「コミュニケーション」に関する最新の感謝情報をインターネットから徹底検索しています。 「コミュニケーション」:最新情報 「コミュニケーション」関連商品を探す アマゾン 楽天市場 楽天ダウンロー...

コメント

非公開コメント

これは本人にも効果的ですね

 こんにちは。とても共感できる心がけです。私も会話の中で積極的に「ありがとう」を使うように心がけています。
 今回改めて思ったのは、仮に文句を伝えたいメールを書いているときでも、「「ありがとう」で締めくくろう」と日頃心がけていれば、文章の末尾にきたときに、気持ちが冷静になって、この文章でいいのか?と振り返ることができるんじゃないでしょうか。そうすると、「ちょっと、言葉の使い方がきついかな」とか相手に届いたときを考えることができると思いました。こういうちょっとした心がけがトラブルを回避するテクニックですね。
 私も言葉にもメールにも心がけて行きたいと思います。よいきっかけを頂き、ありがとうございました。

Re: これは本人にも効果的ですね

多ぁ忙さん こんばんは。
いつも気づきを与えて頂き、ありがとうございます。

昨日多ぁ忙さんの記事に「すいません」とコメントしましたが、「すいません」ではなく「ありがとう」であることを再認識しました。

≪私がコメントした多ぁ忙さんの記事≫
http://newhabits.blog33.fc2.com/blog-entry-230.html

≪過去の記事:「すいません」ではなく「ありがとう」≫
http://okasyu.blog65.fc2.com/blog-entry-39.html

やはり「ありがとう」と書くときと「すいません」と書くときとで相手の受け止め方が変わってくるということも身をもって感じました。

多ぁ忙さんに先日薦めていただきました和田裕美さんの「人づきあいのレッスン」ようやく読み終わりました。「ありがとう」以外にもいい気づきがありました。一番気に入ったフレーズは「話すことは理解のスタート、話さないことは誤解のスタート」これ最高にいい言葉です。
http://newhabits.blog33.fc2.com/blog-entry-151.html

No title

勉強になります。

私も実践しているもは「ごもっとも」という単語。
相手の指摘をいったん受け入れてみましたという
意志表示のため使ってます。

メールで思いを伝える、または認識相違をうまないように
するって難しいですよね。
10回のメールより1回の会議でより進展が得られる
感じがするものこういうことだったのかも知れませんね。

申し遅れましたが私はご存じのあのよしまさです。

よしまささんの意見は「ごもっとも」です

よしまささん こんばんは。
やはりあのよしまささんでしたか。新天地で頑張っておられるそうでなによりです。

「ごもっとも」いいですねー。
相手に対して共感するときも、反論するときも相手の意見を一旦受け入れるということは円滑なコミュニケーションを行うために重要なポイントですね。

そういえば私も過去に意見を受け入れる記事を書いていました。
http://okasyu.blog65.fc2.com/blog-entry-25.html

また最近は直接話をするのが嫌でメールで済ませてしまうという人が増えているように思えます。コミュニケーションツールは発達してきていますが、人のコミュニケーションスキルが退化してきているような気がしてなりません。

よしまささんのおっしゃる通り、何回もメールをするよりも会う。これが重要なのだと思います。
プロフィール

Okamura Shuichi

Author:Okamura Shuichi

ご連絡はこちら:
shuichi.okamura@gmail.com
(@を小文字にしてください)

某外資系コンサルティングファームに勤務しています。

主にITプロジェクトのマネジメント業務を通じて仕事や人間関係の難しさ、大切さを勉強しています。

将来はハワイでのんびり暮らしたいと考えている一児の父親です。

どうぞよろしくお願いします。

メールマガジン
smart.fm(無料総合学習サイト)
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
タグクラウド

私のチャレンジブログです!
『自分★ブランディング計画!』へジャンプします
↑ ↑ ↑
私のもう一つのブログです。
このブログともども
応援よろしくお願いします!
(Wordで作りました)
最新記事
人気記事ランキング
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。