スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
もしこの記事から「気づき」を得られたら、
ランクアップへの応援お願いします!
↓ ↓ ↓
過去最高38位!≫ ブログランキング(資格・スキルアップ)
過去最高1位!≫ にほんブログ村(ビジネススキル)

簿記2級クリア!

今年の目標「簿記1級合格」に向けての最初のステップ「簿記2級」に合格しました。ありがとうございました。

簿記検定結果


やはり「フォーカス」は重要です。
今年はあれもこれもと会計本を読みあさるのをやめ、「簿記」にフォーカスしています。これで簿記1級に向けての勉強を開始できます。

また今年の目標の1つに「英語」がありますが、こちらにはまだフォーカスしていません。「簿記」と「英語」両方同時に進めると、逆にどっちつかずになる恐れがあるからです。まずはしっかりと「簿記」にフォーカスして今年の目標を達成し、それから「英語」にフォーカス移動させるつもりです。

(ブログも「自分★ブランディング計画!」の方にフォーカスしているため、こちらの記事はそっけないものになってきています)
スポンサーサイト

tag : フォーカス モチベーション 目標管理


最後まで読んでいただきありがとうございます。
もしこの記事から「気づき」を得られたら、
ランクアップへの応援お願いします!
↓ ↓ ↓
過去最高38位!≫ ブログランキング(資格・スキルアップ)
過去最高1位!≫ にほんブログ村(ビジネススキル)

何かにフォーカスしていると「気づき」を得られる

今月から新しいブログを開始して、私は常に「パーソナルブランディング」にフォーカスするようになりました。

そういった状態で日常生活をしていると、自然と「この人は自分自身を築き上げるために何をしているんだろう?」といった視点で人を見るようになりました。

このようにいつもと違った視点で物事を見ていると、普段とは違ったものが見えてきます。これがフォーカスの力」です。

これは、常に自分自身に何らかのアンテナを張っておくことで、勝手にフィルターがかかり、無意識の内にいつもとは違うものが見えるようになるというものです。自然と違った角度からいつも見えているものが普段とは違って見えるようになります。

ここで一度次のような場面について考えてみてください。

あなたはカフェで本を読んでいました。そうすると、1人の女性が店内に入ってきました。その時あなたはどのような事を考え、何を見ますか?


いかがですか?
この答えは、あなた自身がどこにフォーカスしているかによって変わってきます。以下に一例を挙げてみました。


【一般男性の場合】
・顔は可愛いか?
・背は高いか?
・足は細いか?
・胸は大きいか?

【一般女性の場合】
・どこのバッグか?
・どこの財布か?
・どこのアクセサリーか?
・どこの服か?

【美容師の場合】
・輪郭と髪型はマッチしているか?
・カラーリングはムラなく仕上がっているか?
・カットしてからどれくらい経っているか?

【カフェ店員の場合】
・ホットを注文するのか?コールドか?
・ドリンクだけか?サンドウィッチも買うのか?
・店内で食べるのか?持ち帰るのか?


現実は「1人の女性が入ってきた」という事だけです。ところがフォーカスが異なるだけで、皆これだけ考えていることが異なっているのです。

これは余談ですが、女性が髪型を変えたり、新しいアクセサリーを身に着けても男性はなかなか気づいてくれません。これは、そもそも男性と女性のフォーカスしている部分が異なるためです。もし女性に気に入られたければ、髪型やアクセサリー、ファッションやバッグといった部分にフォーカスしてみるといいかもしれません。

自分が今夢中になっているもの、興味のあるもの、これから伸ばしたいものがあれば、是非そういった事にフォーカスしながら日常生活を送るように心がけてみてください。そうすればきっと普段は見えなかったものに気づくことができるはずです。

tag : フォーカス 気づき


最後まで読んでいただきありがとうございます。
もしこの記事から「気づき」を得られたら、
ランクアップへの応援お願いします!
↓ ↓ ↓
過去最高38位!≫ ブログランキング(資格・スキルアップ)
過去最高1位!≫ にほんブログ村(ビジネススキル)

『フォーカス』が足りていない!

私はブログを始めて、次々と新しい「気づき」を得るようになってきました。

最近興味を持っているのが「出版」。

レバレッジシリーズでおなじみの本田直之さんが言っているように、出版は個人にとってのIPOなのかもしれません。



せっかく自分の持っているものをアウトプットしているのだから、出版を目標にしても良いのではないかと最近考えるようになりました。

ところが、このブログをきっかけとして出版を考えた時に、ある欠点があることに気がつきました。

それは、特定の分野に『フォーカス』していないということです。



そもそもこのブログの趣旨は、私が日々気づいたこと、勉強したことを徒然なるままに書いていくというものです。

そのため、内容も「コミュニケーション」「目標管理」「時間管理」などとバラバラです。


自分自身を磨くという意味では統一された内容なのかもしれませんが、個人的にはフォーカスが足りていないと思っています。

何故フォーカスが必要なのかという点については、過去の記事『FOCUS(焦点)の力』をご覧ください。



ただ、このブログの趣旨を変えるつもりはありません。

これからも徒然なるままに書いていこうと思っています。

でも、出版も気になります。



そこで現在考えているのが、特定の分野にフォーカスしたブログを開設することです。

特定分野にフォーカスした内容で出版を目指し、気づきブログはまったりと更新しようと思っています。

しかしブログ2つとなると、毎日更新することがストレスの原因となってしまい共倒れとなるリスクが存在します。


そこで現在2つの案を検討中です。

案1:このブログを一旦ストップしてもう一方のブログにパワーシフトする
案2:このブログの更新頻度を下げる(週1回、あるいは随時)



まだどうするかは決めていませんが(別ブログを開設するかどうかも含めて)近いうちには発表したいと思います。

tag : 気づき フォーカス


最後まで読んでいただきありがとうございます。
もしこの記事から「気づき」を得られたら、
ランクアップへの応援お願いします!
↓ ↓ ↓
過去最高38位!≫ ブログランキング(資格・スキルアップ)
過去最高1位!≫ にほんブログ村(ビジネススキル)

「FOCUS」(焦点)の力

今日で連続5日の更新となりました。

だんだん習慣付いてきたかな!?


さて今日は私の好きな言葉 「FOCUS」 について書いてみたいと思います。


ある特定の分野で秀でていていわゆる「成功者」といわれる人々がいます。

例えば航空機事故の専門家、脳の専門家、マーケティングのスペシャリスト...など

こういった人々はずっと同じ分野で研究を重ねて専門家になったのだと思います。


人間が一度にできることは限られています。

あれもこれもと欲張ってしまうと、あれもこれも取りこぼしてしまいます。



そこで「FOCUS」の力が有効になってきます。

「FOCUS」とは日本語で「焦点」という意味です。

つまり、1つの事に集中して行うことをいいます。


何でもかんでも手を出して中途半端になってしまうより、1つの事に焦点をおいてその道を極めたほうが最終的には成功への早道になるとそう信じています。


もうすぐ年末、もうすぐすればまた新しい年を迎えます。

新しい年になるので、何か新しい目標でも考えてみませんか?

ただし、目標は1つにしておいてください。欲張ってはいけませんね。

tag : フォーカス


最後まで読んでいただきありがとうございます。
もしこの記事から「気づき」を得られたら、
ランクアップへの応援お願いします!
↓ ↓ ↓
過去最高38位!≫ ブログランキング(資格・スキルアップ)
過去最高1位!≫ にほんブログ村(ビジネススキル)

プロフィール

Okamura Shuichi

Author:Okamura Shuichi

ご連絡はこちら:
shuichi.okamura@gmail.com
(@を小文字にしてください)

某外資系コンサルティングファームに勤務しています。

主にITプロジェクトのマネジメント業務を通じて仕事や人間関係の難しさ、大切さを勉強しています。

将来はハワイでのんびり暮らしたいと考えている一児の父親です。

どうぞよろしくお願いします。

メールマガジン
smart.fm(無料総合学習サイト)
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
タグクラウド

私のチャレンジブログです!
『自分★ブランディング計画!』へジャンプします
↑ ↑ ↑
私のもう一つのブログです。
このブログともども
応援よろしくお願いします!
(Wordで作りました)
最新記事
人気記事ランキング
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。